FC2ブログ

楽しく速く美しく 自転車を乗るために3トレ

ロードバイクとMTBと山走りのためのトレーニング

Attack!299 Ultra Marathon 3.3

恐竜の足跡化石
下りは走ることができます・・・といっても、すでに80キロ、徹夜で猛暑の中を走ってきたので疲れています。
化石の前に茶屋があります、かき氷の看板・・・食べ物は売っていないか・・・期待して覗くと、うどんがありました
冷やしうどんに山菜のせてもらって、これで、ちゃんとした補給ができました、ありがとうございます。
茶屋のおばちゃん、おばあちゃん、客のおじさんとおしゃべり


「どこから来たの?」
「飯能から80キロ走ってきました」
「?」
「どこまで?」
「この先下って、上野村から、十石通って、茅野まで、あと80キロ」
「???」
「泊るの?」
「軽く仮眠して・・・」
「???????」
「おにいさん、歳は?」
「来年は50です」
「え”20代かと思った」
「ありがとうございます」
「寝て行きなさい」
「ドロドロなので、いいですよ」
2分ほど、突っ伏して休憩させていただきました
「ありがとうございました」とお礼を言って走りだしました・・・


2012.08.04 16:15 恐竜かん
閉館時間まで15分、ここもパス
上野村 商店
ロックアイス1.1kg調達
2012.08.04 17:28 道のえき
注意ポイント・・・・将来、誰かが走る時のために
なにもありません、この時間ですでに閉店です。やっていてもシイタケ、味噌といったお土産物程度、たぶん、地元商店保護のため
食事関係は村の食堂でしてくださいという意味だと思います


ここで仮眠します。本当は十石アタックの前、ふれあい館で仮眠して元気を取り戻す予定だったが、もう無理と判断
ここで仮眠です。すでに街中の商店はやっていないし・・・
「走っているんだ」とおじさん、ランナーと分かったようでした。
車のおじさんもここで寝るって言って、キャンプを始めました・・・安全な場所に移動して、ライトを点滅させて安全確保
「おやすみなさい」
注意ポイント・・・・将来、誰かが走る時のために
この辺のテクニック、ブルべで鍛えていないと一般人には無理だろうな
2012.08.04 18:21 道のえき 休憩終了
先ほどのおじさんに挨拶してGo!
90キロポイント
2012.08.04 19:42 上野むら奥
ふれいあい館 本当は17:30に到着して十分休んでRUNの予定が・・・・
お腹の調子が・・・3分休憩
注意ポイント・・・・将来、誰かが走る時のために
自販機は虫でイッパイ、むちゃくちゃな状況というか、虫の中に自販機が・・・
佐久穂まで水の補給は期待できないというか、十石峠の頂上には、飲み水はありません(循環式トイレ)
矢弓沢林道
慰霊の園、式典の日程看板と、想像させるものがいっぱいです。
幻聴は聞きました・・・・ザザザと走っていると、コツコツコツと音が・・・・振り返ると誰もいない止まると音も止まり、幻聴と確認。
幻聴現象は耳で聞いた音の距離感が、疲れと暗闇で感覚がずれたときに生じるので、すでにパリブレストパリの90時間徹夜で走ったときに経験しているので
実は楽しんじゃいました・・・だって、どう聞いても後ろから誰かが同じペースで近づいてくるんだもの・・・音を聞きながら、遅い奴(自分の事)を思いました。


林道に走り屋さんを期待したのですが・・・・期待はずれに
「やっぱり、アホだぜ」
「こんな時間にこの急斜面を突っ込んでいくランナーなんていないよな~」
「おバカだ」
注意ポイント・・・・将来、誰かが走る時のために
明かりを消して、寝転がり、1分、超回復をします。
星空をながめ、この空を、この地点で眺めている幸せ者は俺一人と思いながら
この辺のテクニック、ハセツネとか夜中に一晩中走ったことが無いと無理だろうな~ザックの下を外して、ザックをまくら代わりに寝るんだもんね~
山塊
山塊を眺め、こっちの峰からこっちにこうつながって行くんだ、まだまだ分岐に達しそうもない。
k2ちゃんがUTMFで、命の危険を感じていたと云っていたが、分かるな誰もいないんだもの、いくら舗装とはいえ、奥深く、熊、野犬は怖い
注意ポイント・・・・将来、誰かが走る時のために
気づかなかったが、舗装に蛇が休みにきている、昼間の猛暑を避けて、うじゃうじゃいるのだ
ヤバいよ、ちゃんと下を照らして、足を置く位置を考えないと、やまかかし発見、後は種類の分からないのが多数
葉っぱの上や、土の所を走りたいけど(足裏に土はやさしいのだ)、居るんだよね、そういう所に・・・
注意ポイント・・・・将来、誰かが走る時のために
なんか見た・・・獣だ・・・子犬ぐらいの黒くて丸っこいの・・・ヤバシ、ハイビームにして確認しようとしたが逃げていった。
なんか山の中で動くものとか、光る目とかあるけど、う~~~む、そういうことだな。
注意ポイント・・・・将来、誰かが走る時のために
ラジオは必要です。(熊よけです)
熊鈴は当然ですが、音が小さい(登りは走れません、たぶん元気な状態でも無理)ので手に持って強制的に鳴らすのだ
これが疲れるっす・・・


ラジオをつけて、オリンピックを聞く。ちょうどサッカー男子ベスト4をかけて盛り上がっているのだ。
山の中なので、思いっきり叫ぶ
「ゴオ~~~~~~~ル」
自転車でこの林道を走ると、26度以上の区間があります・・・RUNでも厳しいっす

頭の中を一番初めにここを自転車で走ったとき、雨のなかGotoさんと2人、38度の熱が出て、最後の勾配を歩いてしまった
gotoさんが心配して待っていてくれた、涙ものだった。
合流地点
もうダメ、1分寝ると判断して寝転がる

関連記事
スポンサーサイト



  1. 2012/08/07(火) 21:42:35|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Attack!299 Ultra Marathon 3.4 | ホーム | Attack!299 Ultra Marathon 3.2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sigeosugiyama.blog70.fc2.com/tb.php/2347-b9255033
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析

にほんブログ村 自転車ブログへ

サイト売買のサイトストック